受講者座談会[企業派遣]

経営幹部だけでなく
幹部候補生まで
人財塾で学んでもらいたいと
考えています

受講生座談会[企業派遣]

東京オート株式会社

代表取締役社長 中村 浩志
支援本部部長 川崎 雅博(第3期受講)
事業本部部長 蔦井  聡(第3期受講)
事業本部部長 山藤 幸夫(第4期受講)
人材開発室課長 諏訪 孝明(第4期受講)
―人財塾に社員を派遣した理由は。
社内での仲間を増やしたいと考えました。経営者は孤独だという声も聞きますが、私はそうは思っておりません。経営は一人で考えるものではなく、皆で考えて質を高めていくものと考えているため、他の研修も含めて周りを巻き込んでいくようにしています。
「良い会社」「良い組織」をどう作ろうと悩んだときに、坂本先生の「人を大切にする経営」「人本経営」という言葉にとても惹かれたため、自社に取り入れたいと考えました。伊那食品工業など坂本先生がベンチマークする企業は経営を考えるのに参考になる会社ばかりで、私が先に受講してその後社員に受講させようと考えたほどですが、早く幹部に受講してもらい、同じ方向性で同じ価値観で話ができるようになっていく、「いい会社」を一緒に考えて創っていくという形を取ることにしました。今後も、経営幹部だけでなく幹部候補生まで含めて、時間はかかるけれども、経営に興味がある、受講希望がある方から人財塾で学んでもらいたいと考えています。
―受講の感想と今後の落とし込みについては。
様々な角度から「人を大切にする経営」を中心にしている、各講師の方が実際に経営に携わる企業の理念等を聞くことは勉強になりました。事例も豊富で、事例そのものが自社に反映させづらくても、例えば財務アタマ経営などの「考え方」は自社でも参考になるところが多いと思っています。
講師の先生方はそれぞれに著名な方ですし、良い講義が聞けるということは受講前からわかっていましたが、人を大切にするという考え方に共感した受講生が集まっているため受講生同士の雰囲気が良かったのが印象的でした。またそれを下支えして頂いているサクシードの方々の対応も素晴らしかったです。
また、各先生方からは、自分の会社に対する想いや社員に対する想いを聞かせていただきとても参考になりました。周りの受講生の方とディスカッション等で意見交換し、自分の会社をどう存続させていこうかと考えている姿を身近で感じることができ、良い機会を与えてもらったと思っています。もちろん自社でも部下と接したり教育する上で学んだことを活かしていくつもりです。
今までは同業界の会議に参加する機会が多かったので、考え方や悩み、答えが一緒ということがほとんどでした。人財塾では異業種の方が集まり、考え方や視点が違う方がたくさん集まっているので、ディスカッションで新たな考え方、面白い考え方に触れることができるのが良かったです。30年前の入社当時は社員のことは二の次という考え方が普通でしたが、ES(従業員満足)という言葉が使われるようになり、講師の先生からも「五方よし」という言葉を学んだので、改めてESの重要性に気づくことができました。
―懇親会についてはいかがでしたか。
先生方や他の受講生から、講義中には聞けない話を聞くことができました。それぞれの受講生の企業紹介も、名刺交換や講義中のディスカッションだけではできない時間で、とても参考になりました。回を重ねるごとにディスカッションでも相手を理解した上で意見も出しやすくなるので、交流を深める上で貴重な時間となりました。
―今後の受講生へ期待したいことは。
「人を大切にする」ということでいうと、すべての社員、特に幹部には各々の部下などの周りの社員を大切にしてほしい。具体的には、幹部にはスタッフが成長できる環境を作って欲しいし、全体として良好な人間関係を育んでほしいと願っております。とにかく育成!これしかないでしょう。みなさんの働きがいのある環境を作っていきたいと思います。
そのためには、幹部の方がこの人財塾で学んでいることを実践していくしかないと考えます。どの会社も厳しい環境の中、色々と考え抜き試行錯誤しながら経営しているわけですから、事例自体をそのまま自社に導入はできなくても、過程なり考え方は参考になる部分が必ずあります。そこに、自分たちはどうなりたいかという視点で社員と一緒に考えていくということを続けていきたいです。

受講者座談会[後継経営者]

「人」に焦点をあてて、
正しい経営のあり方を学ぶことが
できました

後継経営者

株式会社すが野 専務取締役 菅野 嘉弘
金平グループ
株式会社アサヒ 代表取締役社長 古岡 大志
-後継者として、現状の課題はなんですか?
古岡 金平グループの現社長は、30年近く会社の舵をとり、社員、お客様、協力会社、地域の皆様と共に歩み、会社を成長させていきました。現社長と自分自身を比べると、知識や経験など、様々な能力において大きく差があるのが現状です。今一番課題に感じていることは、少子高齢化や人口減少、テクノロジーなどが進み、外部環境が大きく変化するのかで、今後どのような経営をしていくべきかを明確にしなければいけないことです。
菅野 私は株式会社すが野の4代目後継者として、現在専務取締役として勤務しています。課題に感じていることは、未来に向けた組織編成と人財育成です。今後経営幹部となっていくメンバーに、どのように経営者視点を持ってもらえるかや、活力ある会社にしていくために、どのような組織体制が望ましいのかについて課題の認識を持っています。常に会社が成長していくためには、人が成長する必要があることを人財塾で学び、より危機感が高まりました。
-人財塾を受講してみての感想は?
古岡 「人を大切にする経営」という考えをベースに、社長による実例から、ES、CS、財務、マーケティング、地域とつながり、その他様々な視点を具体的に学ぶことができます。また、クラスが少人数制ということもあり、かなり近い距離感で講師の先生方の話を聞くことができ、著名な講師陣のエネルギーも感じ取ることができます。生の講義ゆえの、書籍や資料にも残らない、貴重な情報や実践事例を学ぶことができるのも魅力だと思います。
他の後継者向けセミナーは、スキル的なものを学ぶ機会が多いですが、とちぎ経営人財塾は「人」に焦点をあてて、正しい経営のあり方を学ぶことができ、今後の経営方針を考える中で、参考になることが多かったです。
-将来、社長になるまでにやりたいことは?
菅野 課題に感じている人財育成について、行動指針と育成の仕組みを作っていきたいと考えています。行動指針については、まずは幹部社員向けのものを作り、経営陣の考え方を現場で指導、実践できる指針を明文化したいです。また、育成の仕組みについては、職種別のキャリアプランのようなイメージを考えています。人財塾の講師陣では現役の社長も多く、独自の人事評価制度、人財育成プランをお持ちの方もおり、講義中だけでなく懇親会で実践例を学ぶことができたので参考にしていきたいです。
古岡 心(精神)と体(健康)の成長をさせたいと思っています。まず、心を成長させるためにビジネス塾やセミナー、書籍等から幅広い情報に触れ、知識を増やし、心に余裕を持てるようにしていきたいです。また、体については健康な体を維持していくために、もっと生活習慣を整え、ビジネスをしていくための基礎的な準備をしていきたいと考えています。
このように考えるようになったのは、人財塾講師陣がいい会社を経営している成功者なのに関わらず未だに学び続け、健康に人一倍気をつけていることを知ったからです。私も何年経っても健康にビジネスをしていこうと思います。
-今、人財塾受講を迷っている人へメッセージをお願いします。
菅野 人財塾の受講生は、「もっと儲けたい」とか「どうすれば楽に収益をあげられるか」というような価値観を持つ受講生はいません。社員を大切にしながら、どのように成長していけるかを真剣に考えている受講生が集まってくるので、本心で話せるメンバーが多いです。一生の仲間になれると思いますので、迷われている人は是非、参加することをお勧めしたいです。
古岡 時代の変化がとても速く、今後世の中がどうなっていくかの予測が大変難しい時代だと思います。そういった時こそ原点に戻り、「人」にフォーカスした経営をすることが、どんな時代変化にも強い会社であることが、講義を受けていく中で気付かされました。迷っている人がいましたら、これから進むべく道への必ずヒントになると思われますので、是非とも受講をお勧めします。

女性経営者・後継者座談会

母親業とも両立できる
活気のある勉強会

女性経営者・後継者座談会

総美有限会社 代表取締役 郡司 成江
株式会社アド宣通 取締役副社長 藤原 景子
株式会社日商 取締役 関 夫美
水の谷工芸 デザイナー 西山 よしえ
ー人財塾を受講したきっかけは?また、実際にどんなところが業務に活用できていますか?
藤原 宇都宮にこれだけの講師が来ていただけるということに驚きました。会社からも近く、受講の時間帯も懇親会含めて19:30 までとあまり遅くならないことが、母親でもある私にはとても助かっています。
女性のビジネスパーソンには自信をもって紹介できる内容だと断言できます!
勉強会に参加することが4~5年前から増えてきましたが、ただ勉強するだけでなく、人脈作りにもつながっている部分もありますし、経営において大切なことは何かという点を講師の先生方から共通で聞くことができたことが大きかったです。
いい会社への取り組みは受講前から行っていましたが、人財塾でより理解を深め、経営への落とし込みをしているところです。
西山 私は父が始めた事業を継続するのかどうか悩んでいた時に、弟(2 期生の水野谷様)に誘われて、いろいろ考えるいいタイミングだと思い、受講を決意しました。高速で1 時間強かけて受講しているが、得られるものが大きく、全然苦痛だと思ったことはありません。新たな取り組みとして、採用に着手しています。今まで職人として仕事を全うすることを目指していましたが、事業を継続することの大切さを学び、技術や価値を広めるためにも共感する仲間を増やしていきたいと考えるようになりました。なんのために働くのかという考え方自体が変わりつつあることを感じます。
 私は経営に携わることになった時期が紹介された時期と重なったので、いい機会だと思いました。経営の知識もなく、付いていけるのか自信がありませんでしたが、課題図書があったので予習にもなり、少し受講に余裕が生まれたのもよかった。
本来の経営者のあるべき姿「社員最優先・社員のモチベーションが上がらないと業績につながらない」というところにわが社は目を向けていなかったことに改めて気づき、何のために働くかという考え方次第で行動力も変わってくることに気付くことができたのもおおきな収穫でした。
郡司 1期生からの紹介でパンフレットを見たのですが、色々な研修に参加している中で、東京でもこれだけの先生たちに学べる機会はめったにないので、宇都宮で受講できるのならと思い受講を決めました。毎回色々な刺激をいただいているので、自社の経営の中で再確認することもあるし、新しいアイディアが浮かぶこともある。自分の考えを見直しながら進んでいるところです。
ー 交流会を含めて繋がりはできていますか?
 実際に仕事を依頼する機会がありました。また、受講を通して目線も共通のものとなっているので、有効なアドバイスもいただき、普通に商品を購入するより身近に感じられてありがたかったです。
藤原 元々ママ友で知り合いだった郡司社長と一緒に受講できてビックリ!勉強する時間も共有できて励みになります。
郡司 他の勉強会は100対1、50対1というような比率で男性ばかりなので女性の受講仲間が多いことは貴重な機会だと思います。
ーどういった方に紹介したいですか?
全員 これだけの講師がいれば誰に紹介してもいい!
めったに会えない講師の方ばかりなので!会社理念が素晴らしいというだけでなく、業績も素晴らしい会社を経営されている講師の方々なので、その経営自体を目標にすることができます。受講する人数も20名前後というのはちょうどよいと思う。50人とか100人とかの講義よりじっくりと受講することができます。